MDS方式の利用者アセスメント情報を活用したケアの質評価・改善の事業

(財)ダイヤ高齢社会研究財団
「利用者モニタリングの有効活用に関する研究」

~福祉医療機構長寿社会福祉基金事業~

 

背景

近年、介護サービスの質が問われるようになり、介護事業者の質を評価するさまざまな取り組みが行政主導で進められていますが、以下のような問題点が指摘されています。

  1. 評価で求められる資料と業務の運用帳簿とがリンクしていないため、評価に伴う事業者側の作業負担が大きい(例:評価のためだけの評価が横行)。
  2. 評価内容は人員配置や組織理念、マニュアルの整備状況などに限定され、実際のケア内容や利用者の状態変化等のアウトカムが全く扱われていない。
  3. 評価結果を事業者がケアの質の向上に活用することが困難である。

一方、利用者の要介護度の維持・改善に基づく特定事業所加算の導入など、アウトカム評価への関心が高まっています。しかし、日本にはこれまで標準値となるエビデンスを蓄積しておらず、アウトカム評価を質の改善につなげる具体的な方策も示されていません。

 

目的

こうした問題点への対応策として、利用者のMDS-HC (Minimum Data Set – Home Care) アセスメント(現インターライ方式ケアアセスメント)データから算出される ”HC-QI (Home Care – Quality Indicators)” による質の評価モデルを提案し、居宅介護支援事業者においてその有用性を検証することを目的として、(財)ダイヤ高齢社会研究財団を中心とした事業が2009年度からスタートしました。

 

質評価の方法-HC-QI

本事業において質評価のツールとして採用したHC-QIは、インターライ方式ケアアセスメントのデータから算出されます。インターライ方式ケアアセスメントは、ケアマネジメントにおいて適切な支援計画 (ケアプラン) を作成するために、高齢者の状態を身体的・心理社会的側面から包括的にアセスメントするためのツールです。MDS-HCによるアセスメントの結果を、居宅介護支援事業者の質の評価にも活用しようとするのが、HC-QIです。
ケアの質の評価・改善のプロセスをひとつのツールで実施できることが、インターライ方式によるケアの質評価・改善の大きな利点です (図表1)。

図表1 インターライ方式による質評価の特徴
Mds_tokutyo_3

  1. ケアプラン作成時のアセスメントデータをそのまま活用するため、評価のための新たな作業が発生せず事業者負担が少ない。
  2. 評価内容は、プロセスやアウトカムに関するケアの専門技術的な側面を指標とし22項目から算定される。
  3. 評価結果は、事業所単位での相対的な成績だけでなく、優先的にケアプランを見直すべき利用者の情報も示されるため、具体的な改善支援のツールとなり得る。
QIの詳細については、以下のページをご覧ください

取り組みの経緯について
QIの算出方法について
QIを活用した質の改善について

 

参加事業者

MDS-HCアセスメントのデータを適切に取得するため、以下の条件を満たす居宅介護支援事業者に事業への参加を呼びかけました。

  1. 全利用者へのMDS-HCによる随時/定期アセスメントの実施
  2. ASP(Application Service Provider)方式※によるソフトの採用

※ASP方式:インターネット経由で、Webブラウザなどを通じてサーバーにインストールされたアプリケーションソフトを利用する形態。入力データ自体も各パソコンではなく、ASP業者のデーターセンターに蓄積される。

2012年3月現在、以下の8法人(利用者総数約3000人)が参加しています。

 

実施体制

事業内容、情報の取扱い、費用、期間を明記した協定書を作成し、居宅介護支援事業者、介護ソフトベンダー、財団法人ダイヤ高齢社会研究財団の3者による協定を締結しました。この3者に、特定非営利活動法人インターライ日本、インターライ・ケア研究会を加えた研究コンソーシアム (共同体) を組織します(図表2)。

図表2 研究コンソーシアム
 

Consortium_4
※参加法人の一覧(平成24年2月末)

(医)鉄蕉会 亀田総合病院(千葉県鴨川市),㈱ラックコーポレーション(東京都墨田区), ㈱学研ココファン(東京都品川区), 日本パムコ㈱(千葉県市川市), ㈱川口福祉サービス(埼玉県川口市), (社福)聖隷福祉事業団 聖隷ケアプランセンター(千葉県浜松市),(社福)長岡福祉協会 高齢者総合ケアセンターこぶし園(新潟県長岡市),㈱ビジュアルビジョン けあビジョン(埼玉県大宮市)

これまでの事業内容

事業計画(2009~2011年度)

第1年次(2009年)

・全利用者へのMDS-HCアセスメントの導入

・アセスメントの実施状況の推移把握

第2年次(2010年)

・随時/定期アセスメントの定着

・MDS指導者の育成

・QI算定の実施

第3年次(2011年)

・QI算定の実施

・QI評価結果に基づくケアプランの見直し

 

事業成果(2009~2011年度)

事業1年目(2009年度)

事業に参加する居宅介護支援事業所の介護支援専門員がMDS-HCによるアセスメントを習得することを目標とし、計2回のMDS-HCアセスメント研修会を実施しました。3事業者合わせて302名の利用者のアセスメントデータが蓄積されました。

事業2年目(2010年度)

参加事業者における随時/定期アセスメントの定着とMDS-HCアセスメント指導者の育成を目標に、各事業者の状況に応じたアセスメント研修会、さらに全事業者合同の指導者研修会を実施しました。アセスメントも順調に進められ、全利用者の約8割にアセスメントの入力がされました。

事業3年目(2011年度)

HC-QIの算出を行いました。また、QI値を介護支援専門員にフィードバックし、QI評価結果に基づくケアプランの見直しを行いました。アセスメントの見直しを含めて、評価結果に基づく見直しに対してポジティブな意見が寄せられました。

 

居宅介護支援事業者への支援

本事業に必要な定期的かつ正確なインターライ方式ケアアセスメントの実施のために、居宅介護支援事業者に対し、インターライ方式の導入・活用に関わる支援を実施しました(図表3)。

図表3 これまでに行った居宅介護支援事業者への支援例

  1. MDS-HC方式アセスメント研修(2009年度:年2回)
  2. 指導者向け研修(2010~2011年度:年2回)
  3. アセスメント実施状況の報告(2009~2011年度)
  4. HC-QI評価レポート(2010~2011年度:6ヶ月に1回)
  5. 「居宅介護支援システム」に設置するダウンロード機能の開放(2009~2011年度)

 

2009年度事業について詳しく知りたい方は、こちらから報告書ファイルをダウンロードしてください。

(財)ダイヤ高齢社会研究財団「利用者モニタリングの有効活用に関する研究事業」
報告書(平成21年度福祉医療機構長寿社会福祉基金事業)

 

今後の計画

昨年末にMDS方式がインターライ方式に刷新されたことを受け、これまで行ってきた取り組みをインターライ方式に対応させ、更なる発展を目指して研究事業を継続します。そこで、本年度より新たに3年次計画を開始します。

 

図表4 今後の年次計画

Keikaku2012

 

本事業の進捗については、本ホームページにて随時ご報告します。

本研究事業に関するご意見、ご質問等のお問い合わせはダイヤ財団までご連絡ください。