リンク

インターライ本部

interRAI

inter RAI corporation(インターライ本部/米国ワシントン)
1994年、日米欧のMDS研究者らにより、国際研究組織としてinter RAI corporationが設立されました。現在では、世界約30カ国(下図)から研究者が参加しており、日本では、池上直己(慶應義塾大学医学部教授)と山内慶太(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科教授)がフェローとなっています。
フェローは、各国でのinter RAIツールの普及・啓発に加えて、アセスメントデータの収集と分析を通じてツールのバージョンアップや新たな開発に貢献しています。

 

連携機関 

 

logo

ASP・SaaS・クラウドコンソーシアム(ASPIC)

ASP・SaaSクラウドコンピューティングの唯一の業界団体です。インターライ方式ケアアセスメントクラウドサービスの提供を行っています。

 

日本MDS学会

インターライ・ケア研究会
インターライ方式に関する研究、普及、活用を目指す個人および法人によって構成され、会員相互の研鑚と交流を深めることを目的とした学会です。

 

慶應義塾大学医学部 医療政策・管理学教室

慶應義塾大学医学部 医療政策・管理学教室(東京都新宿区)
NPOインターライ日本の事務局であり、我が国のインターライ研究の学術拠点となっています。

 

ダイヤ財団

公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団(東京都新宿区)
高齢社会の問題に特化した民間研究機関です。インターライ方式のアセスメントデータを用いた質の指標 (QI: Quality Indicators)の研究を推進しています。

  

QI研究

特定非営利活動法人
インターライ日本
サポートセンター

〒060-0004
札幌市中央区北4条西6丁目1番1 毎日札幌会館3階
一般社団法人
北海道総合研究調査会内
TEL: 011-222-3676
FAX:  011-222-4105

お問合せ(専用ページが開きます)